会社概要

この記事は約8分で読めます。

会社概要

商号

ティーエフケイ株式会社 (TFK co.,ltd)

所在地

兵庫県神戸市兵庫区和田山通1丁目2-25

電話

078(652)0203

FAX

078(652)8532

URL

https://www.tfk-corp.co.jp

Eメール

info@tfk-corp.co.jp

設立

平成13年3月21日 (創業 昭和37年7月17日)

資本金

70,000,000 円

代表者

代表取締役会長 戸田順博  執行役取締役社長 藤田修三

社員数

17名

取引銀行

三井住友銀行、三菱UFJ銀行

事業項目

1. 微生物の代謝物及び菌体を原料とする健康食品の製造、販売

2. 微生物を利用した食品・医薬品の研究開発

3. 微生物エネルギーの研究開発

4. 土・水・ヒトの生化学的診断技術の研究開発

5. 海洋資源の研究開発

6. 農産物及び水産物の生産技術の研究開発

7. 前各号に附帯関連する一切の事業

会社沿革

平成13.3バイオケム工業株式会社の販売会社としてティーエフケイ株式会社を設立(資本金1,000万円)
13.8医薬品として「TFK」の国内特許出願
14.10バイオケム工業株式会社の全営業権を取得
14.10健康食品「TFK」の製造および販売開始
15.3バイオケム工業株式会社の全工業所有権を取得
15.9資本金を2,000万円に増資
16.3バイオクリニック(医療情報技術・血液解析)の研究開発開始
16.12健康食品「TFK」の米国特許取得
17. 5健康食品「TFK」のシンガポール、ロシア、オーストラリア、韓国における特許取得
17. 7資本金を3,000万円に増資
17.10栄養補助食品「バイオバン」の製造開始
17.10東北薬科大学癌研究所第二部(現:東北医科薬科大学薬物治療学教室)担当教授との共同研究契約締結
18.1健康食品「TFK」の中国特許取得
18.2動物による「TFK」の安全性試験「90日間反復経口投与毒性試験」完了
18.2応用薬理2006年2月号第70巻(1/2)に研究結果発表、「ラットにおける戸田フロンティ酵素の90日間反復投与による毒性試験」にて急性口毒性試験結果報告。1000mg/kg/day(1日に体重1kgあたり1g)において無毒であると結論
18.3資本金を4,000万円に増資
18.9応用薬理2006年9月号第71巻(1/2)に研究結果発表、「マウスにおけるSarcoma-180腫瘍に及ぼす戸田フロンティ酵素の抗腫瘍活性」によりTFKによる抗腫瘍活性が確認
19.9資本金を5,000万円に増資
19.11栄養補助食品「トーダ酵素」の製造および販売開始
20.2健康食品「三寿」の製造および販売開始
20.10健康食品「TFK」の国内特許取得
22.11抗炎症効果及び抗疲労効果をもつ医薬品及び飲食品として国際特許出願、発明名称「疾患の予防改善剤、持久力向上剤、抗疲労剤、並びにそれらを用いた医薬品および飲食品」
27.5発明名称「疾患の予防改善剤、持久力向上剤、抗疲労剤、並びにそれらを用いた医薬品および飲食品」の国内特許取得
27.7発明名称「疾患の予防改善剤、持久力向上剤、抗疲労剤、並びにそれらを用いた医薬品および飲食品」の中国特許取得
27.12発明名称「疾患の予防改善剤、持久力向上剤、抗疲労剤、並びにそれらを用いた医薬品および飲食品」の香港特許取得
28.3発明名称「疾患の予防改善剤、持久力向上剤、抗疲労剤、並びにそれらを用いた医薬品および飲食品」のEPC特許取得(指定国:イギリス、フランス、ドイツ)
29.4発明名称「腸内細菌叢構成比率調整剤、医薬品、飲食品及び腸内細菌叢構成比率の調整方法」の国際特許出願
29.5機能性表示食品「薫習 非変性Ⅱ型コラーゲン」の製造及び販売開始
29.7健康食品「百花玉」の製造及び販売開始
29.7資本金を5,100万円に増資
29.9発明名称「疾患の予防改善剤、持久力向上剤、抗疲労剤、並びにそれらを用いた医薬品および飲食品」の米国特許取得
29.9発明名称「化合物又はその塩、抗炎症剤、肺がんに対する抗がん剤及び化合物又はその塩の製造方法、炎症性疾患の治療方法及び肺がんの治療方法」の国際特許出願
30.9資本金を7,000万円に増資
30.10『Bio Japan2018」』出展
30.11本社工場に微生物大容量のバイオプラント完成(竣工式11月16日)
31.2科学誌Carbohydrate Researchにて論文発表

ロドバクター・アゾトフォルマンスからの新規リポオリゴ糖の構造解析

31.3発明名称「化合物、腸内細菌叢構成比率調整剤、医薬品、飲食品、腸内細菌叢構成比率の調整方法及び化合物の製造方法」の国際特許出願
令和1.6米国 フィラデルフィアにて開催のBIO International Convention 2019に参加

継承したバイオケム工業(株)の沿革

昭和37.7資本金100万円で設立 社名 協和株式会社(所在地 大阪市)

赤外線自動手洗器日本総発売元

47.5協和株式会社 代表取締役社長に戸田順博就任 前代表取締役 平岡美代治氏より継承
47.5事業目的を建設事業に変更(ナショナル住宅代理店)
47. 7BP0899菌株を発見
49. 7微生物総合技術研究所設立(京都大学農学部小林達治博士との共同研究)
55.10資本金400万円に増資
56. 7テリヤス発酵菌による畜産糞尿の再資源化(コンポスト技術三次発酵技術の確立)
57.12家庭生ゴミ等 腐敗性有機物の再資源化・実用化開発(土壌生物性改善資材の開発)
58.1資本金1,000万円に増資
58.1バイオケム工業株式会社に社名変更
58.4バイオテクノロジー関連事業に業容を全面転換、微生物による廃鉱排水中の重金属除去の公開実験(土壌微生物性改善資材の販売)
58.4肥料販売業務届出 販肥第2058号
58.5特殊肥料生産業者届出 特肥第301号 「バイオソイル」の販売
58.11微生物利用による廃鉱排水中の重金属除去に関する公開実験(主催 通産省・金属鉱業事業団・日本鉱業協会・日本産業技術振興協会)
59.1普通肥料生産業者大臣登録 生第70155号 「サンデーグリーン」の販売
60.12小野市 腐敗性有機廃棄物の再資源化工場完成(コンポストプラント)
61.7発明名称「海、湖沼、池の底部に浮遊する汚泥の沈降・浄化剤入り袋」の実用新案出願
62.6和歌山県・奈良県および京都府経済農業協同組合連合会「バイオソイル」の取引契約締結
62.8滋賀県・三重県・大阪府および兵庫県経済農業協同組合連合会「バイオソイル」の取引契約締結
63.4微生物による汚水池の水質浄化システム開発
63.6微生物による河川の水質浄化システム開発
平成2.5農用地における連作障害土壌の改善システム開発
2.6栽培漁場海域の浄化システム開発
2.7本社移転(神戸市→小野市)
2.8微生物漁礁の開発(海洋牧場システムの完成)
3.4養殖池の水質浄化システム開発
3.9水稲の2倍増収生産システム開発(無農薬・無除草剤)
4.4微生物による閉鎖性海域の底泥質(ヘドロ分解・減少)浄化実証実験に成功(三重県的矢湾内)
4.4発明名称「海、湖沼、池の底部に浮遊する汚泥の沈降・浄化剤入り袋」の国内特許出願
5.2高速溶存酸素発生機マイクロエアレーターの開発
5.3水質浄化装置バイオマシンの開発
5.5発明名称「底質・水質改善方法及び該方法に使用する改善剤セット」の国内特許出願
5.6微生物による閉鎖性水域の水質・底質浄化技術で国際特許取得
5.12発明名称「粉粒体の取出装置」の国内特許出願
5.12発明名称「水質浄化装置」の国内特許出願
5.12発明名称「気液混合装置」の国内特許出願
6.1微生物製剤「TFK」の研究開発に成功
6.2動物・鳥・魚のタンパク源栄養剤開発
6.6関西学院大学より池浄化技術の表彰授与
6.7本社・研究所移転(小野市→神戸市)
7.1神戸本社・研究所全焼(阪神淡路大震災により)
7.4姫路太子工場開設 業務一部復旧
7.6神戸市 工場廃水の高濃度水質浄化装置第1号完成納入
7.8本社・工場移転再開 本格的な復興開始(西神工業団地内に神戸市による仮設工場建設移転)
8.9発明名称「粉粒体の取出装置」の国内特許取得
8.11発明名称「海、湖沼、池の底部に浮遊する汚泥の沈降・浄化剤入り袋」の国内特許取得
9.4健康食品および薬用食品「TFK」の臨床試験開始
11.2健康食品および医薬品として「TFK」の国際特許出願
11.6発明名称「底質・水質改善方法及び該方法に使用する改善剤セット」の国内特許取得
12.9発明名称「気液混合装置」の国内特許取得
13.1微生物製剤「TFK」の販売開始

 

タイトルとURLをコピーしました