光合成細菌RAP99の各種試験結果を一般の方に分かりやすいように簡素化したカテゴリーです。

試験結果(一般向け)

18.光合成細菌RAP99のTLR活性試験 | 一般向け

以上の結果から、RAP99-LPSは、TLR4を活性化させることが明らかになった。ただし、TLR4単体では有意な結果が得られなかったことから、TLR4を活性化させるためには、補助因子であるMD2およびCD14が必要であることがわかった。また、RAP99熱水抽出物およびRAP99粉砕懸濁液については、TLR2、4および9のいずれも活性化させると考えられる。
試験結果(一般向け)

17.光合成細菌RAP99のNF-κB抑制試験 | 一般向け

RAP99-LPSおよびRAP99熱水抽出物は、NF-κBの活性化を抑制する働きがあると考えられる。したがって、これらを摂取することで、アレルギー疾患や自己免疫疾患の治療につながる可能性があると考えられる。
試験結果(一般向け)

15.光合成細菌RAP99のアミロイドβ貪食亢進試験 | 一般向け

RAP99熱水抽出物およびRAP99-LPSは、ミクログリア細胞に働き、アミロイドβの貪食活性を高める効果を示すことが明らかになった。アルツハイマー病の原因の一つとして、アミロイドβの増加が挙げられているため、RAP99熱水抽出物およびRAP99-LPSを摂取することで、アルツハイマー病の予防に繋がる可能性があると考えられる。
試験結果(一般向け)

13.光合成細菌RAP99の抗疲労試験(過労ラット) | 一般向け

RAP99菌株を摂取することによって、抗疲労効果が得られることが確認できた。
試験結果(一般向け)

11.光合成細菌RAP99の抗アレルギー作用評価 | 一般向け

Th2型のIgE及びIL-4、IL-5量が減少し、Th1型のIFN-γ及びIL-2量が増加したことから、光合成細菌RAP99の摂取によってTh1とTh2のバランスが良くなり、アレルギー反応の改善に繋がると考えられる。
試験結果(一般向け)

10.光合成細菌RAP99の腸内細菌叢への影響試験 | 一般向け

光合成細菌RAP99菌体は腸内細菌叢の構成比改善を期待できるものと考えられる。
2020.07.06
試験結果(一般向け)

09.光合成細菌RAP99の抗腫瘍試験(肺ガン) | 一般向け

抗がん剤単独で用いるより、抗がん剤とRAP99-LPSを併用して用いることで腫瘍拡大を抑えることができると考えられる。
2020.07.06
試験結果(一般向け)

08.光合成細菌RAP99の大腸炎抑制試験 | 一般向け

光合成細菌RAP99を摂取したマウスは、潰瘍の縮小および再生上皮の拡大が認められた。よって、光合成細菌RAP99は大腸炎の炎症を抑える働きがあると考えられる。
2020.06.17
試験結果(一般向け)

12.光合成細菌RAP99のアレルギー抑制試験 | 一般向け

光合成細菌RAP99菌体試料の経口投与によって体内でアレルギー反応を引き起こす物質のひとつであるヒスタミンの発現が抑制されることが確認された。
2020.06.17
試験結果(一般向け)

07.光合成細菌RAP99の抗疲労試験(懸垂法) | 一般向け

光合成細菌RAP99を投与したマウスの懸垂持続時間は1.2倍の延長が認められ、疲労負荷試験として、30分後に測定した時には未処置群に比べて2.1倍の有意差がある抗疲労が認められた。特に疲労を負荷させたマウスにおいて著しく抗疲労効果が観察された。
2020.06.17
タイトルとURLをコピーしました