01.光合成細菌RAP99のマクロファージ活性試験 | 一般向け

この記事は約1分で読めます。

<マクロファージ細胞RAW267.4細胞に対するNO産生試験>

<マクロファージとは>

白血球の1種で、異物を貪食する、敵の情報を他の免疫細胞に伝える、サイトカインを産生するなどの働きをもつ。本試験ではマウスのマクロファージ細胞を用い、活性化されると産生する一酸化窒素(NO)の量を測定した。

光合成細菌RAP99によりNO産生が増加

RAP99濃度によるNO産生量の変化について

<結果・考察>

光合成細菌RAP99を加えることによって NO量 が増加。これはマクロファージが光合成細菌RAP99によって活性化されたことを示しており、生体防御機能も高まるのではないかと推察される。

【東北薬科大学 薬物治療学術室 石川正明教授による試験結果】

 

タイトルとURLをコピーしました