04.光合成細菌RAP99の抗腫瘍試験(骨肉腫) | 専門家向け

この記事は約3分で読めます。
<マウス肉腫細胞サルコーマ180(Sarcoma180)を用いた固形癌に対する抗腫瘍試験>

試験実施者:東北薬科大学(現:東北医科薬科大学)石川正明教授

【目的】

光合成細菌RAP99菌体の抗腫瘍作用の有無を確認するため、マウス肉腫由来のSarcoma-180(S-180)を用いた腫瘍増殖抑制試験を実施した。

【試料と方法】

(1)使用動物

ddY系雄性マウス(22~24g、5週齢)を日本SLC(浜松)から購入して使用した。実験期間は実験動物飼育用固形飼料(日本クレア、CE-2)と水道水を自由に摂取させ、温度23±1℃、湿度50±5%、12時間周期(明期07:00~19:00、暗期19:00~07:00)の明暗サイクル環境下で飼育した。動物実験は、東北薬科大学動物実験ガイドラインに従って行った。

(2)腫瘍細胞

S-180は東北大学附属医用細胞資源センターより分与された。S-180は、ddY系雄性マウス腹腔内に1×106個を移植して継代維持した。実験には移植後1週間経過した細胞を用いた。その後、ペニシリン(100単位/mL)、ストレプトマイシン(100μg/mL)及び10%加熱不活性胎児牛血清(FBS)を含むRPMI1640培地(イワキ)で湿度95%、5%一酸化炭素濃度、37℃条件下で培養した。細胞数はトリパンブルー法により計測した。

 

(3)試料の調整

光合成細菌RAP99菌体の凍結乾燥粉体を、用事調整で生理食塩水に懸濁して試料溶液を作成した。濃度は0.001、0.01、0.1mg/kgの各濃度となるように調整した。対照試験には懸濁に用いた生理食塩水のみを用いた。マイトマイシンC(MMC)及び5-フルオロウラシル(5-FU)は協和発酵から購入して使用した。MMCは0.02mg/kg、5-FUは0.5mg/kgとなるように調整した。

(4)腫瘍増殖抑制活性の測定

実験には1群10匹のマウスを用いた。106個のS-180をマウスの左大腿部皮下に接種し、投与スケジュールにしたがい、所定の濃度の光合成細菌RAP99菌体をマウス用経口ゾンデで投与した。抗がん剤は腹腔内に1日1回投与した。腫瘍細胞接種18日後にマウスを頸椎脱臼法で殺し、左右両肢の皮膚を剥離した後に大腿部基部から足首まで切断した。左肢の右肢に対する重量差をもって、腫瘍重量とした。各群の平均重量を求め、同時に実施した対照の生理食塩水液投与群の平均重量差を用い、腫瘍抑制率を算出した。

(5)S-180の摂取及び試料の投与

106個のS-180をマウスの大腿部皮下に接種(0.2mL/マウス)し、24時間後から1日1回10日間、光合成細菌RAP99菌体試料は経口投与、抗がん剤は腹腔内に投与した。癌細胞を接種して18日後に腫瘍重量を測定し、各群の平均腫瘍重量を求め、同時に測定した対照の整理食塩液投与群の平均腫瘍重量との比較から腫瘍増殖抑制率を算出した。

光合成細菌RAP99のMMC及び5-FUとの同時使用による抗腫瘍作用

図1 光合成細菌RAP99のMMC及び5-FUとの同時使用による抗腫瘍作用

【結果と考察】

光合成細菌RAP99菌体試料 単独投与群では、0.001 mg/kgで 15.0%、0.01 mg/kgで26.6%、0.1 mg/kgで27.8% の腫瘍増殖抑制作用が観察された。

MMC 0.03 mg/kg 単独投与群では 25.1%、光合成細菌RAP99菌体試料と併用することにより、光合成細菌RAP99菌体 0.001 mg/kgで 42.5%、 0.01mg/kgで45.2% の腫瘍増殖抑制作用が観察された。

5-FU 0.5 mg/kg 単独投与群では 15.2%、光合成細菌RAP99菌体試料と併用することにより、光合成細菌RAP99菌体 0.001mg/kgで 46.3%、0.01mg/kgで45.1% の腫瘍増殖抑制作用が観察された。

MMCと光合成細菌RAP99菌体試料 0.001 mg/kg、あるいは 5-FU と光合成細菌RAP99菌体試料 0.001あるいは0.01 mg/kgとの併用により腫瘍増殖抑制作用の増強が観察された。

タイトルとURLをコピーしました